元非モテによる女遊びライフ

名古屋iDとサンゴどっちが持ち帰りしやすい?

無料でヤレる出会い系サイト(ワクワクメール)

無料でヤレる出会い系サイト(ワクワクメール)

町田ナンパ体験談。TikTok2万フォロワーをカフェ連れ出し

WRITER
 
町田ナンパ

無料でヤレる出会い系サイト(ハッピーメール)

無料でヤレる出会い系サイト(ハッピーメール)

この記事を書いている人 - WRITER -
18歳からストリートナンパを始め、20歳でクラブに目覚める。以降はストとクラブの二刀流。【過去の実績】渋谷アトムで12連続持ち帰りに成功、クラブ1声かけ即…etc。独自のスタイルを元に、ナンパで美女をお持ち帰りするノウハウを発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

僕はナンパする時、嘘の設定で行くことか多いです。

今回の設定はこちら。

『町田でマッチングアプリのデートがドタキャンになった。しょうがないからナンパしている。』

これなら割りかし自然で、筋が通ります。

俺が声かけたのナンパだと思ってるでしょ?
ナンパじゃなくて””リアルマッチングアプリ””だから。

M助

このように伝えるとウケやすいです。

その後に「てかマッチングアプリやったことある?」「アプリで出会った男どうだった?」などと投げかけることで、自然に話を膨らませられます。

 

土曜のナンパ体験談in町田

まず最初に声かけたのが、マツキヨ前で灰色のキャップを被ってる子。

M助「おっす!その帽子似合ってるね」
女子「あっ…」
M助「俺も似たような帽子持ってる。お揃いやん」
女子「…」
M助「これからなんか予定あるの?」
女子「…」

質問スルーからの逃げられる。

仕切り直してマツキヨ→町田モディ(駅チカ商業施設)へ移動。

モディの入り口に立ってる子(清楚系・スト値5)に声かけした。

M助「こんにちは!今待ち合わせ中?」
女子「あっはい」
M助「まだ来なさそうだね」
女子「もうすぐ来ます」
M助「てか俺マッチングアプリでドタキャンされちゃってさ。これリアルマッチングアプリだから」
女子「なにそれwww」
M助「俺らマッチングした事だし後日カフェでも行こうよ。LINE交換しよ!」
女子「うーん、LINEなら…」

ちょうどその時、女友達2人が登場。「えっ何この人!ナンパ?笑」と弄られる。

友達の前でLINE交換してバイバイ。

 

店内ナンパに挑戦

モディへ入り、ロフト店内で声かけ。

M助「こんにちは!ここレディースコーナーですか?」
女子「いや違いますね」
M助「女性向けかと思いました。これカレンダーですかね?(指差す)」
女子「違います笑」
M助「よく見たらテスターって書いてあったw てかこれリアルマッチングアプリなんよ」
M助「今俺と君マッチングしたから」
女子「いやいやww」

しばらく話続くも断られ、あえなく放流。

モディからドンキホーテへ。

M助「ここ女性向けコーナーですか?」
女子「違うと思います」
M助「化粧品が沢山置いてあるね」
女子「そうですね」
M助「てかこんなとこにドンキあるの驚いたわ。元々この場所知ってた?」
女子「知ってました」
M助「まじかw俺時代に取り残されてんな(笑)」

ドンキは2人声かけし1人ガンシカ、もう1人は途中で断られた。

これ以上ナンパすると注意されそうなので、町田駅周辺のゲーセン巡り(3件)へ。

町田のゲーセン

ガチャガチャコーナーに1人現れたため声かけした。

M助「ガチャガチャどれにするか迷うよね」
女子「そうですね笑もう見てきちゃって」
M助「UFOキャッチャーはやった?」
女子「私UFOキャッチャー苦手なんですよ」
M助「2人でやったら成功率上がるから一緒にどう?」
女子「ごめんなさい、私彼氏いるんです」
M助「友達からでいいよ。後日カフェ行きたいからLINE交換しようよ」
女子「LINE抵抗あるのでインスタなら…」

彼氏持ちとインスタ交換成功。

この子のインスタを見ると、イケメン彼氏とのツーショットが投稿されてる。

寝取りたい…。

 

ストリートナンパに切り替え

続いてモディ近くの裏通りで声かけ。

この子は身長175cmでポニーテール、アメリカと日本のハーフだそう。

M助「こんにちは!雨降りそうだね」
女子「そうですね」
M助「雨宿り中?」
女子「う、うん」
M助「友達まだ来ないの?」
女子「遅れてるみたいで」
M助「寝坊かな。じゃあさ後日カフェでも行こうよ」
女子「(迷った表情で無口)」
M助「カフェとディズニーだったらどっちがいい?」
女子「えー」
M助「ディズニー抵抗あるよね。じゃあ富士急にしよう」
女子「2週間前に富士急行った」
M助「マジで?じゃあユニバだな」
女子「ユニバも1週間前行った笑 読売ランドのフリーパス持ってる」
M助「めっちゃ行ってるやんw じゃあアトラクションで決定だな」

序盤無口だったのが少し乗り気になったようでLINE交換成功。

しかしこの子からLINEが返ってくることはなかった。

 

原町田大通りへ移動

町田大通り

この付近はカラオケや満喫など色んな店が立ち並んでいて、ナンパするのにもってこい。

大通りを歩いてると、コンビニ前で女の子を発見。

M助「こんにちは!コンビニで何買うか迷うね」
女子「いや待ち合わせです」
M助「そうなんや。女友達?」
女子「大学の後輩で男です」
M助「まじかーじゃあさ。後輩との恋が実らなかったら、俺とデートしようよ」
女子「いや実る設定にしとくんで大丈夫です」
M助「後輩とそういう関係なわけ?」
女子「どーなんですかね。今日何人に声かけてきたんですか?」
M助「えー2人かな」
女子「1人目はどうなったんですか?」
M助「アメリカ人で言葉が通じなかったよ(適当)」
女子「そうなんですね」

〜中略〜

M助「てか後日スタバ行こうよ。」
女子「お兄さんチャラいですよね。チャラそうな人無理です」

時々向こうから質問してくるので脈アリかと思ったが、LINEすら断られる羽目に。

これ以上粘っても仕方ないので放流。

 

引き続き大通りへ進んでいくと、またもや壁際の子を発見。

見た目は清楚系でスト値6くらい。

M助「こんにちは!今日涼しいですね」
女子「あ、はい」
M助「友達と待ち合わせ中?」
女子「いや1人です。エステに行ってきました」
M助「えーまじ?エステの話詳しく聞きたいな」
女子「聞きます?どっか入りましょうか」
M助「じゃあカフェ入ろうよ」
女子「はい!せっかく町田来たのでチェーン店じゃないとこがいいです」

声かけして早々乗り気な様子だ。自分からどっか入ろうと提案してきた。

町田のカフェ

序盤は美容話がメイン。

腕に光かなんか当てて脂肪を燃焼したらしい。

そっから仕事や恋愛話に繋げていった。

M助「今社会人?」
女子「大学4年生です」
M助「おー!じゃあ就職決まったの?」
女子「4月から塾の講師やります」
M助「まさかの塾か!」
女子「塾講師意外ってよく言われます。うちの大学、卒論書かなくていいから楽なんですよね」
M助「それいいね。で、最近メンズの調子どう?」
女子「メンズw 気になってる人はいるけど関係が微妙なんですよね」
M助「えっどういうこと?」
女子「その人リモートワークなんですけど全然仕事してないんですよ。ソファで寝ながら乃木坂のpv見てます」
M助「なんじゃそりゃ」
女子「俺はヒモになりたいって言ってますね」
M助「もしかしてダメ男が好きなの?」
女子「そうでもないです」
M助「その人のどこが好きなわけ?」
女子「笑顔が良くて愛嬌あるのとイケメンだから」

他にも複数のメンズをキープしてるらしく、遊び人な可能性が高い。こういうタイプはヤレるはず。

ただ残念ながら、この後19時から予定(撮影)があるとのこと。

彼女はTikTokフォロワー2万人で、そこそこ有名人であった。

LINE交換→駅まで手を繋ぎ解散。

【解散後のLINE】

ティックトッカーとのライン

しばらくやり取りしたがアポるのは難しそう。

これなら玉砕覚悟で、満喫打診した方が良かった。

 

町田ナンパ振り返り。実はブルーオーシャンな件。

今回トータル14声かけほど。

3人連絡先交換&1連れ出し、うち2人は死番。

通常ストリートナンパはガンシカの嵐だが、町田に関しては反応してくれる子が多かった。

ただしナンパした時間帯が15〜16時ごろだったので、夜だとガンシカ率高いかも。

昼間が狙い目だ。

町田駅周辺には商業施設やゲーセン、ドンキがあり、路上のみならず店内ナンパも熱い。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
18歳からストリートナンパを始め、20歳でクラブに目覚める。以降はストとクラブの二刀流。【過去の実績】渋谷アトムで12連続持ち帰りに成功、クラブ1声かけ即…etc。独自のスタイルを元に、ナンパで美女をお持ち帰りするノウハウを発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© M助のナンパブログ , 2022 All Rights Reserved.