元非モテによる女遊びライフ

名古屋iDとサンゴどっちが持ち帰りしやすい?

無料でヤレる出会い系サイト(ワクワクメール)

無料でヤレる出会い系サイト(ワクワクメール)

23歳元キャバ嬢を準即!まさかの処女だった件

WRITER
 
渋谷カフェレガート

美女とヤれるアプリ(Dine)

美女とヤれるアプリ(Dine)

この記事を書いている人 - WRITER -
18歳からストリートナンパを始め、20歳でクラブに目覚める。以降はストとクラブの二刀流。【過去の実績】渋谷アトムで12連続持ち帰りに成功、クラブ1声かけ即…etc。独自のスタイルを元に、ナンパで美女をお持ち帰りするノウハウを発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

夏を感じさせるくらい暑い5月下旬。

今日は銀座レイズ(クラブ)でLINE交換した子とアポだ。

この子(仮名りか)は以下LINEを見てわかる通り、食いつきが良い。ナンパした時もノリ良くて明るい印象だった。

キャバ嬢とのLINE

しかし過去の経験上、食い付きあるのにラブホNGな子もいたので、本当にヤレるか分からない。

SEXが不確定なアポだからこそドキドキして面白いのである。

 

モデルのスカウトに話し掛けられて超しつこかったんだけど…!そう言いながらりかは渋谷109に姿を現した。

「普通の大衆居酒屋かお洒落な居酒屋どっちがいい?」
「う〜ん、お洒落なほう!」
「わかった!じゃあ友達がおすすめしてた店行こう!」

そう言って向かったのがカフェ レガートというところ。この店は円山町のビル13階にあって眺めがいい。

景色を映せなかった変わりに食事の写真を載せておく。

渋谷カフェレガート

渋谷カフェレガート

17時過ぎにレガートへ訪れた時、横並びと窓側の席は全て埋まっていた。一般的にアポは横並びが良いと言われるが、今回は対面型のテーブル席に座った。

「そういえばりかちゃんはジャニーズ好きって言ってたよね。何のグループが好きなの?」
「ストーンズのジェシーが推しだよ」
「ジェーシーのどこが好き?」
「歌が上手くて可愛いところ♡」

そう言ってジェシーの画像を見せられるが、そもそもジャニーズはあまり知らない。

M助(筆者)の中でジャニオタはリアルな恋愛に弱いイメージがある。しかしりかは元キャバ嬢で、かなり男慣れしてる様子だった。

外見も派手めでジャニオタには見えない。

「キャバ嬢ってことはお酒強い?」
「そんなことないよ!お酒というよりは話すのが好きでやってた」
「なるほどね。今はなんの仕事してるの?」
「IT企業の営業マン!」
「意外と真面目なお仕事してるんだね」
「よく言われる。ニートって思ってたでしょ」
「思ってないわ!(笑)」

りかは食事中に時々スマホを見ている。これは食い付きがないのかと一瞬不安になった。

 

レガートを出たあとは元々約束してたシーシャへ。

渋谷区円山町にあるシーシャバーライラックというお店に入った。

渋谷のシーシャー店ライラック

渋谷のシーシャー店ライラック

この店は渋谷随一の隠れ家。女性店員が感じ良くてラブホも近いので、行って正解だった。

 

「友達が面食い多くて。誰かイケメン紹介してくれる?」
「一応イケメンの友達いるけどカッコいい人ほど女足りてるからな(笑)遊び人でもいいの?」
「いいよ。私の友達もぶっちゃけ遊んでるし(笑)」
「りかは彼氏と別れてからの1年間遊んだりしなかったの?」
「うーんないなぁ。私男より女友達を優先するタイプなんよね」

シーシャを吸いつつ話が弾む両者。

りかの友達はティンダーやクラブで遊んでるものの、自分自身は遊んでないとのこと。

過去にクラブへ行った時もお持ち帰りどころかLINE交換すら断ってたそうだ。

 

明らか貞操観念の高いりかを果たして準即できるのか。

シーシャ店を出た直後、M助はドキドキしながら「散歩しようよ」と誘った。

「いいよ〜」と返すりか。

しかしM助がホテル街に誘導するのに対しりかは「駅方面と違うよ」と指摘した。

 

時刻は23時。この時間に駅へ向かったら負け確定だ。

M助は「コンビニでお酒買おう」と言い、強引にホテル街へ誘い込む。

ローソンにてパピコとお酒を購入。

 

そのままラブホへ入ろうとしたところ、またしても「入らないよ」と拒否られる。

「このまま帰る気分じゃない。まだ一緒にいたい」
「そうやって色んな子に言ってるんでしょ」
「違うよ。本当にいいなって思った子にしか誘わない」
「泊まるの?」
「うん。早朝に帰っても大丈夫だからそれまで一緒にいよう」
「待って考えさせて」

そう言って彼女はLINEのトーク画面をいじり出す。

「何?友達に相談してるの?」
「いや親」
「ママにラブホ行くか相談してるとか?」
「違う(笑)今日泊まるってことを伝えてるだけだよ」

こうしてラブホ前の攻防は幕を閉じ、無事連れ込むことに成功した。

元キャバ嬢とラブホ

ベッドでりかの服を脱がそうとしたところ、「脱がないよ〜」と嬉しそうに否定してくる。これは完全なる建前だ。

しかしパンティを脱がすあたりでりかは「私最後まで出来ないよ」と自信なさげに言った。

ここで彼女が””処女“”であることが判明する。りかは元彼とエッチの時痛くて断念したらしく、その後は誰ともヤッてないんだそう。

 

優しくちょっとずつ触れるから安心して。そう言ってりかのアソコに指1本入れたところ、「痛い痛い」と叫び出した。

指1本すら痛がってるのを見て、これは完全処女だっと分かった。

 

痛いのは我慢して慣れるしかない。最初は先っちょだけ挿入し軽く腰を振る。

キスすれば痛さが紛れると言うので、ディープキスしながらひたすら腰を振り続けた。

 

必死に舌を絡める彼女を見て興奮せずにはいられない。

その後はなるべく痛くない体位でセックスし続ける。

元キャバ嬢とラブホ

りか曰く最初に挿れる時と抜く時は痛いけど、奥に付くときは気持ちいいとのこと。

人生で初めて子宮が押されるような感覚を覚えたそうだ。

 

にしても遊んでそうな見た目なのにまさかの処女。

貞操観念が高い子とエッチ出来たのはM助にとって自信になった。

りかと出会った場所レイズの詳細はこちら。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
18歳からストリートナンパを始め、20歳でクラブに目覚める。以降はストとクラブの二刀流。【過去の実績】渋谷アトムで12連続持ち帰りに成功、クラブ1声かけ即…etc。独自のスタイルを元に、ナンパで美女をお持ち帰りするノウハウを発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© M助のナンパブログ , 2022 All Rights Reserved.