クラナンブロガーミチ助のブログ

Self Assertion

六本木のV2でナンパを成功させるには?リアルな体験談を公開!

ミチ助
WRITER
 
V2のクラブナンパ記事
この記事を書いている人 - WRITER -
ミチ助
ブログで飯を食うフリーランスブロガー。 毒舌だけど、本質をズバッと突いた自己主張が得意。 趣味はクラブナンパで、渋谷・六本木のクラブ事情に詳しい。 ⇒ツイッターはこちら!

どうも!六本木のクラブ事情に詳しいミチ助です。

V2に行く男性の多くはナンパ目的。

可愛い子と楽しく会話したり、お持ち帰りしたいという願望があってこそ、女の子に声かけします。

今回、「V2でナンパって実際どうなの?」という人向けの記事を作りました。

『六本木のV2でナンパしてみた結果、どうなったか』を包み隠さず公開します。

V2でナンパしたらいくつかの反省点が見つかったので、合わせてシェアしますね。(その辺も反面教師だと思って、読み進めてみてください)

 

そもそもV2ってどんなクラブ?

V2メインフロアの写真
V2は六本木で一番人気のクラブです。

元々はロアビルという場所にあったが現在は、東京ミッドタウンのすぐ近くにある、『タワーオブバベル』というビルの中に入ってます。(セブンイレブンの目の前)

このビルは、

  • 地下1階がV2
  • 1階が受け付け、レディースフロア
  • 2階がトイレ、VILLA東京(クラブ)

の構成になっています。

 

地下1階と1階は階段で行き来出来ますが、2階へ行くには受け付け横のエレベーターを利用しなければなりません。

ロッカーは出入り口付近、受け付け過ぎた場所に2箇所あり、ロッカー代は500円と少し高め。(その割にスペースは大きくない)

 

V2入場者はヴィラ東京も利用可能

ヴィラ東京のフロア内

VILLA(ヴィラ)東京には、酒を注文した人限定で、座れるスペースがあります。

席は埋まってることがあるものの、空いてる時は休めるので便利です。

流れてる音楽はV2ほどパリピ系ではない、少し落ち着いた感じになっています。

 

V2の客層はどんな感じ?

V2の女の子の質ですが、たまに30後半と思われる、見るからにスタイルの悪いぽっちゃり女性がいます。

一方で目を奪われるような可愛らしい女性もそれなりに多いです。

ギャルはあまりおらず、どちらかというと清楚っぽい22〜25歳くらの大学生、OLがメインですね。

ちなみに男性の平均年齢は、女性とほとんど変わりません。

30代までなら浮かずにナンパ出来て、学生も社会人でもナンパしやすいクラブです。

 

V2のナンパ体験レポート(お持ち帰り狙い)

1月5日金曜の0時40分頃のこと。

正月明けのせいか、クラブ前に行列がなく、すぐに中へ入れた。

クラブ内は人が多く、男女比は8対2くらい。(女性が少なめな印象)

ヴィラ東京は人が少なく、ナンパする場所としてはイマイチなので、V2のメインフロアでナンパすることに決めた。

1時頃、明らかに酔ってるペレー帽を被った女に絡まれた。

その子はトロンとした目で近づいてきて、キスをしてくる。(首筋にもキスされる)

その直後に彼女は、フラフラした足取りでDJブースの方に向かっていったのだ。

後にその女を見たら、別の男にハグしていたが、こういうタイプは意外と持ち帰れない。(めんどくさいだけなので放流した方が賢い)

 

ハイレベルな清楚系に撃沈

クラブは2回目だという22歳の清楚系に声かけ。

静かな雰囲気にアイドル顔で、かなり可愛いらしかった。

一応会話のキャッチボールは続いたが、他の友達と引き離そうとしたらグダ発生。

V2でたまにいるハイレベルな清楚系だが、会話が続いてもお持ち帰り難易度が高いのだ。

 

ジャニーズ好きの20歳に声かけ

大阪出身で現在は中目黒に住んでる20歳の女の子に声かけ。

この子は正月のカウコンに行くほど、ジャニーズ好きらしい。

ジャニーズネタの会話などで和んでから、二人でヴィラ東京へ移動。

キスやハグしても反応が悪くないため、「お持ち帰り出来るかも…」と思った。

しかしその直後、女の子の友達から電話が掛かってきて、「今レディースフロアにいるから来て欲しい」と言われたのだ。

僕は仕方なく、「4時に二人で会おう」と約束してからラインを交換し別れることに。

その子は友達がいるレディースフロアへ向かった。

 

イケメン男とコンビを組む

女の子と別れた後、気を取り直しメインフロアでナンパ開始。

とその時、一緒にコンビを組んでた友人から「V2の子をホテルに連れ出した」と着信が有り。

「まじか、、」と思いながら一人でメインフロアを回ってたところ、僕はとある一人のイケメン男に声をかけられたのだ。

そのイケメンは自分と同じく、相方がいなくなり、声をかけてみたとの事。

「笑顔が爽やかで悪い人ではなさそう…」

というわけで僕は、そのイケメンとコンビを組んで声かけすることに。

しかし、話は聞いてくれるが、いまいちお持ち帰りに繋がりそうな案件に出会えない。

そんな感じで時間が過ぎていった。

 

クラブあるあるの悲劇

ここでとある悲劇が訪れる。

4時に会うと約束してた20歳の女の子から、「友達が酔いつぶれたから、一緒に帰らないといけない」という連絡が来た。

僕は「友達返してから二人で会おうよ。午前中ならいつでも会えるよ」とメッセージを送った。しかしそれから返信なし。

ヤバイと感じた自分は気を取直して、イケメンと一緒に声かけ。

しかし僕はここで体力がキツくなり、気分があまり乗ってこない。

テンションが上がらず疲れてるせいか、声をかけてもあまり会話を盛り上げれない。(中々女の子の食いつきが上がらない)

V2は六本木の中でもパリピ系のクラブなので、テンション上げて楽しみたい人も多い。(しかし疲れでどうしてもテンションが上がらない)

酒の力を借りようと、女の子に一杯1000円の酒を奢って食いつきを挙げたつもりが、気がついたら女子トイレに入られる羽目に…。

結局4時50分頃、閉店間際に諦めて帰ることにした。

V2で久々お持ち帰り出来なかったので、かなり悔しさが残った。(今記事を書いてる最中も、それを実感している)

あと一歩でイケそうな子をヤれなかった時の気持ちは、体験した人にしか分からない。

 

V2ナンパの反省点

V2で持ち帰れなかった敗因は大きく2つです。

それぞれ紹介するので、反面教師だと思って読んでみてください。

 

敗因1. 安易に別れてしまった

一つ目は、食いつきが良い子を簡単に放流(解散)してしまった事。

ライン交換して後で会ってホテルに連れ出すテクニックは、割と有効だけどデメリットもあります。

他の男性に取られたり、女の子の気が変わったり、友達と帰られたり、、、

別れる前に一度、外に行こうと打診するべきだったなと。

何も打診せずに、放流してしまったのが明らかなミスです。

 

敗因2. テンションの低さで会話が弾まない

二つ目は、自分のテンションが低かった事。

特にクラブでは、自分自身が楽しそうなオーラを出すことが大事ですね。

楽しさが相手にも伝わって会話が盛り上がると、お持ち帰り率も上がります。

しかしテンションが低いとそれが相手にも分かり、会話がノらなくなるのです。

よほど容姿で好かれたりしない限り、お持ち帰りは難しいでしょう。

後半戦でもテンションを上げるために、

  • 事前に睡眠を取って体力を確保しておく
  • 予想外のことが起きても落ち込まない(最悪のケースをあらかじめ想像)

この2つが大事だと痛感しました。

 

まとめ

先ほど言ったように、クラブでは楽しく会話するのが大事です。

クラブで声かけしてくれたイケメンも、会話中はニコニコしていて楽しそうな雰囲気でしたね。

その流れで女の子も笑顔になり、心を開いていたように思います。

またV2のようなナンパ箱は、あらゆるアクシデントが起こります。

この子はヤレると思っても、後で急に「帰る」と言われるかもしれないですし、他の男に抱かれてるかもしれません。

そんなテンションを下げる要因に惑わされずに責め続けられると、お持ち帰りしやすいです。

 

知らないとヤバイ!クラブナンパのデメリットとは?

実はクラブでナンパすると、4つのデメリットが発生します。

このデメリットを知らないと、クラブでナンパした事を後悔してしまいます。

以下の記事で『クラブナンパのデメリットと改善方法』をまとめたので、ぜひご覧になってください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ミチ助
ブログで飯を食うフリーランスブロガー。 毒舌だけど、本質をズバッと突いた自己主張が得意。 趣味はクラブナンパで、渋谷・六本木のクラブ事情に詳しい。 ⇒ツイッターはこちら!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Self Assertion , 2019 All Rights Reserved.