クラナンブロガーミチ助のブログ

Self Assertion

六本木でクラブナンパする前に絶対知っておくべき情報を大公開!

ミチ助
WRITER
 
六本木のクラブナンパ記事
この記事を書いている人 - WRITER -
ミチ助
ブログで飯を食うフリーランスブロガー。 毒舌だけど、本質をズバッと突いた自己主張が得意。 趣味はクラブナンパで、渋谷・六本木のクラブ事情に詳しい。 ⇒ツイッターはこちら!

こんにちは!六本木のクラブナンパ歴6年のミチ助です。

六本木のクラブ初心者は、『六本木=金持ちが集まる場所』という、フワッとしたイメージしか持ってないと思います。

その程度の知識しかない状態だと、六本木のクラブでお持ち帰りするのは厳しいです…。

可愛い女の子とヤりたいなら最低限、以下の情報を把握する必要があります。

  • 六本木でお持ち帰りしやすいクラブはどこか?
  • クラブにはどんな女の子がいるのか
  • ナンパする際の注意点はあるのか?

六本木クラブマスターの筆者が、さっそくこれらの情報を出し惜しみなく公開します。

本記事の最後で『六本木のお持ち帰り体験談』も書いたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

六本木のクラブにいる女性の特徴は?

六本木のクラブナンパ事情

六本木の少し高級めのクラブは、ハイスペックなサラリーマン(経営者)を好む女性が多いです。

例えば、リゴレットやR2なんかは高収入男性がチラホラいますね。(IT、海外勤務…etc)

男を見る目が肥えてる硬い女性が多いため、お持ち帰りは非常に困難。

V2やミューズなど一般人に馴染みやすいクラブでは、庶民的な女の子が多くいます。

つまり六本木はクラブによって、

  • 客層
  • 箱内の雰囲気
  • ナンパのしやすさ

が全く異なるのです。

六本木には一般人がナンパしにくいクラブも多いので要注意。

後ほど、六本木のオススメクラブについて解説します。

 

六本木のクラブでお持ち帰りするには?

六本木には金持ち目当てのキラキラ系女子を避けて、いかに庶民層の女の子を狙うかが勝負の鍵となります。

シンプルに、庶民派のクラブで一般人オーラを漂わす女性を重点的に声かけするコト。

一般人女性は、六本木という場所で若干浮ついた心を持ってるので、隙を突いてお持ち帰りに繋げやすいです。

理想の高い女性をなるべく避けて、地方から来たあまりクラブ慣れしてない子を声かけしてみましょう。

 

クラブから連れ出しする際の注意点

六本木は居酒屋やバーが多いものの、ラブホ・満喫がほとんどありません。(高級ホテルはあるが割高)

そのため、終電がないならタクシーで別のラブホ街へ連れ出すのをオススメします。

ただし渋谷のラブホ街は満室の可能性が高いので、渋谷以外にしましょう。

筆者が六本木の子をお持ち帰りする際によく使うのが、五反田、池袋のラブホ街。

タクシー料金は2000円くらいしますが、ラブホはまず空いてるので今でも定期的に利用しています。

 

ナンパに最適なクラブはどこ?

六本木は数多くクラブがありますが、その中でもV2、ミューズがオススメです。

それ以外はクラブ仲間から、お持ち帰り出来たという話をほとんど聞きません。

これからV2、ミューズの特徴をそれぞれ説明します。

 

V2

V2

東京ミッドタウンから徒歩1分のところに、タワーオブバベルという建物があります。(鋼のような外観が目印)

この建物に入るとそのまま、V2に直結しています。

V2は、六本木の中で一番メジャーで人気のナンパ箱。

それに女の子のレベルが高いとの評判があるんです。

男女比率は7対3くらいで、ナンパ箱の割にそこまで男祭りではなく、十分ナンパしやすいですね。

なぜナンパしやすいと言えるかというと、浮ついたナンパ待ちの女性が多いから。

先ほど言った通り、V2は言わずと知れずナンパ箱なので、それを知った上で女の子は訪れます。

V2にいる女達は、六本木のクラブという地で心躍らせてるので、お持ち帰り出来る隙は十分にあるわけです。

ちなみにこのタワー・オブ・バベルには、V2だけでなく『VILLA TOKYO(ヴィラ東京)』というクラブも入ってます。

V2入場者は無料入場出来るので、一度のぞいてみる価値があリますよ。

週末のV2は人が多くて騒がしいため、落ち着きたいときにヴィラ東京を利用するのが良いでしょう。

 

ミューズ

ミューズ

ミューズはV2の次に有名なナンパ箱です。20年以上も営業し続ける、歴史あるクラブでもあります。

このクラブの特徴として、男はガツガツナンパしており、女の子はナンパ待ちが多いですね。

ただしナンパ目的の女だけでなく、驕り目的の女もそれなりにいます…。

「奢って!」とねだってくる女性はただ酒飲みたいだけの可能性大ですので、すぐに切り離すべきです。

驕り目的女はナンパされまくることで、『自分を価値ある女』だと過大評価してます。

ですので、話してもあまりメリットがありません。

 

またミューズの年齢層は全体的に20半ば以降が多く、男性は学生よりもサラリーマンの方が有利。

スーツ姿でナンパしてる男性もチラホラ見かけるので、仕事帰りにそのままナンパするのもアリでしょう。

ミューズは0時時点で既にナンパが熱いです。

目安として、0時前には声かけし始めるのをオススメします。

逆に3時ごろになると、ほとんどの女の子が他の男と話していて、ナンパしづらくなるので、出遅れないよう注意してください。

 

V2とミューズ以外のクラブをオススメしない理由

V2、ミューズ以外の六本木のクラブは、以下の理由でオススメしません。

  • 常連客が多い
  • 金持ち層が多く敷居が高い
  • お持ち帰り出来る雰囲気がない

たまに六本木に新しいクラブが出来たりしますが、あまりナンパ箱として流行ってる印象はありません。

特にジュマンジというクラブは、ナンパする人が多いものの、女の子は常連客が多く、冷めた対応をされやすいです。

クラブ仲間からはV2、ミューズで持ち帰った話をよく聞きます。

筆者もこの2つがナンパしやすいと感じたので、ぜひ一度試してみると良いでしょう。

 

六本木のお持ち帰り体験談

六本木のお持ち帰り体験談

週末にV2でナンパした時の体験談をお話します。

 

数年前に一緒にナンパしてた友人と久々にコンビを組み、タワーオブバベルというビルに向かいました。

0時過ぎなのに既に建物前は、クラブ客で長蛇の列。

心をワクワクさせながら、30分くらい待って中に入りました。

クラブ内では5組ほど声かけして、2人番号交換出来たので、調子は悪くないと判断。

 

そして2時ぐらいになって、ようやく気の合う女の子を見つけたのです。

その子は友達とはぐれても、あまり気にする素ぶりを見せないため、これはヤレる(食い付き有り)と確信。

しかもその子と自分は出身地が同じだったため、さらに会話が弾みました。

声かけしてすぐにクラブを出るのも変なので、VILLA東京を行き来しながら、徐々に食いつきを高めていきましたね。

 

そして3時前くらいに2人でV2を出て、そのまま池袋のラブホ街へ移動しました。

その子は清楚系のOLで金銭感覚が庶民的。筆者の今までの傾向として、そういった子はやはりお持ち帰りしやすいです。

ちなみにコンビを組んだ友人は、僕がクラブを出た後に一人で別の女の子に声かけして、お持ち帰り出来たそうです。

何軒か渋谷のラブホを回って、奇跡的に一部屋空いてたのコト。

とは言え普段は空いてないはずなので、渋谷のラブホは基本避けたほうが良いでしょう。笑

 

まとめ

六本木はクラブ数が多いけど、お持ち帰りしやすい場所は限られてるというお話をしました。

くれぐれもエッ○に興味ない金目的女を避けて、イケそうだと思った子になるべくフォーカスしていきましょう。

六本木でナンパ待ちが多いのはダントツでV2とミューズ。

この2つのどれかを選び、あとは積極的に声かけするのがベストです。

あまりに低俗な学生っぽさはなくして、大人の紳士的なナンパを心がけてくださいね。

 

知らないとヤバイ!クラブナンパのデメリットとは?

実はクラブでナンパすると、4つのデメリットが発生します。

このデメリットを知らないと、クラブでナンパした事を後悔してしまいます。

以下の記事で『クラブナンパのデメリットと改善方法』をまとめたので、ぜひご覧になってください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ミチ助
ブログで飯を食うフリーランスブロガー。 毒舌だけど、本質をズバッと突いた自己主張が得意。 趣味はクラブナンパで、渋谷・六本木のクラブ事情に詳しい。 ⇒ツイッターはこちら!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Self Assertion , 2019 All Rights Reserved.