元非モテによる女遊びライフ

名古屋iDとサンゴどっちが持ち帰りしやすい?

無料でヤレる出会い系サイト(ワクワクメール)

無料でヤレる出会い系サイト(ワクワクメール)

【体験談】渋谷でアナウンサー系の美女とセックスした話

WRITER
 
渋谷のラブホゼロ

無料でヤレる出会い系サイト(ハッピーメール)

無料でヤレる出会い系サイト(ハッピーメール)

この記事を書いている人 - WRITER -
18歳からストリートナンパを始め、20歳でクラブに目覚める。以降はストとクラブの二刀流。【過去の実績】渋谷アトムで12連続持ち帰りに成功、クラブ1声かけ即…etc。独自のスタイルを元に、ナンパで美女をお持ち帰りするノウハウを発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!ナンパ師M助です。

僕は先日、パブスタ渋谷店で出会った子を準即してきました。

その子(仮名D美)は某アナウンサーそっくりの美女。

パブスタで話した時は育ちがよくしっかりしてる印象で、ガードが固いように見えましたね。

【D美とのやりとり】

アナウンサー風美女とのライン

アナウンサー風美女とのライン2

LINE見てわかる通り食い付きは良いので、ヤレる可能性もあるかなと。

そんなわけで後日、飲みデートすることになりました。

 

まずは渋谷センター街のカクテルバーに入る

渋谷ツタヤ前で待ち合わせ後、そのままセンター街の奥へ。

今回選んだ店は「八月のくじら」というお洒落なバーです。

渋谷センター街のバー

この店は「タイタニック」「ナウシカ」など、映画のイメージに沿ったカクテルを作ってくれます。

カウンター席はバーテンとの距離が近すぎて、下ネタを話しづらいですが…(笑)

M助「パブスタで話した内容覚えてるよ。確か保育士やってるよね?」
D美「保育園で栄養士のお仕事してます(笑)」
M助「なんかそんな話してたかも。じゃあ子供とはあまり接しないんだ?」
D美「あんまりないかな!」
M助「てかパブスタの時とイメージ違うね。あの店薄暗いし」
M助「めっちゃ可愛くなってる」
D美「そう?(笑)カラコン入れてるからかな」

D美は身長162cm・Dカップの24歳。

カウンター席で時折見せる笑顔は美人アナウンサーそのものでした。

M助「お酒に合うおつまみ頼もう!ピスタチオってどんな味だっけ?」
D美「うーん言葉だと説明しづらい(笑)」
M助「ピスタチオアイスなら聞いたことあるけどね。じゃあ頼んでみよ!」

【ピスタチオ】

ピスタチオ

M助「美味い!枝豆より美味いかも」
D美「ね!美味しい!」
D美「ねえ。これ皮むけないから剥いて」
M助「硬い(笑)はい剥けた!」
D美「ありがとう♡」

D美は終始ニコニコしていて食い付きがあるように見えます。

しかし気づいたら19時→21時過ぎ。そろそろ打診しなくては…。(ドキドキ)

D美「プラダを着た悪魔すごい美味しかった♡また飲みたい」
M助「じゃあラストそれ頼もっか」

最後にプラダを着た悪魔を飲みましたが、ビックリするくらい美味しかったです。

そんなわけでお会計(7,810円)へ。

M助(バーテンにクレジット出す)
D美「現金持ってないからPayPayで送るね」
M助「いやここは大丈夫だよ。別のとこで奢ってくれれば」
D美「じゃあ2件目で出すね」
M助「コンビニでお酒行こう。コンビニ代だけ出して」
D美「ありがとう」

こんな感じでさりげなくコンビニ行く流れを作りました。

M助「てか雨降ってるやん。あいあい傘しよ」
D美「うん♡」
D美「ちょっとお腹空いてきた」
M助「バーでおつまみしか食べてないもんね。食べ物なんか買おう」

道玄坂のセブンでお酒とおにぎり、お水、チーズを買い、そのままラブホへ。

ラブホを拒否するかと思いきや、全くグダらず着いてきたのが意外でした。

 

セックスで少々トラブルあり

ラブホ搬送まではスムーズに行ったものの、SEXに関しては面倒なことが多かったです。

まずD美は栄養士だからなのか潔癖症っぽい。

SEX始まって手マンしようとした時、急に「手洗ってきて」と言ったり、新品ゴムに息を吹きかけて破けてないか確認したり(笑)

めっちゃ神経質やん…。

あと挿入してる最中、「もういっぱいっぱい」と言われ途中で中断されました…。

理由は僕のチンコがデカくて少し痛かったみたいです。

僕は一般的にデカい方ではないので、単にD美の経験不足ということになります。

【D美とのツーショット】

美女とツーショット

美女とツーショット

その後は互いに手マン・手コキし合う流れに。

手コキだけだと物足りないので再度挿入打診したところ、ゆっくりなら挿れていいと言われる。

最終的にD美は僕のチンコに馴染み、激しく腰を振っても大丈夫になりました。

 

ラブホでまさかのボッタクリ?

渋谷のラブホ

今回使ったラブホはZERO MARUYAMA。

休憩(3時間限定)で入りました。

ところが終電を逃してしまった為、フロントに宿泊へ切り替えれるか確認することに。

フロント「切り替え出来ません。宿泊料金と延長料金を追加で払って頂く形になります」
M助「延長はいくらですか?」
フロント「20分1,000円です」

20分1,000円はボッタクリだと言うD美。

とりあえず時間超過した分は払って、別のホテルに移動へ。

 

今回ラブホ2件とバーの費用を合わせて計2万以上払ったことになります。

それでも美女と朝まで過ごせたので満足です。

D美は午前中友達と浅草行くとのことで、早朝に解散しました。

 

アポ振り返り

八月の鯨

D美とデートして一番印象に残ったのが”ギャップ”です。

パブスタやバーで話した時はアナウンサー風の爽やかな感じなのに、SEX時はかなりエロい。

自分から「手マンをもっと激しくしてほしい」と言ってきたり、シコい腰の振り方だったり…。

このギャップがなんとも最高ですね。

日本で有名な清純派アナウンサーもきっと、セックスではこんな感じなんだと思います。

 

D美と出会った場所パブスタ渋谷店の記事はこちら。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
18歳からストリートナンパを始め、20歳でクラブに目覚める。以降はストとクラブの二刀流。【過去の実績】渋谷アトムで12連続持ち帰りに成功、クラブ1声かけ即…etc。独自のスタイルを元に、ナンパで美女をお持ち帰りするノウハウを発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© M助のナンパブログ , 2022 All Rights Reserved.